いろどりの家のコンセプト
いろどりの家のコンセプト

いろどりの家のコンセプト:パッシブデザイン 1

省エネ・エコ住宅
人と地球に優しい家をつくる、その答えが『省エネ・エコ住宅』だということが分かりました。
具体的に、住宅の省エネ化の手法にふれて行きたいと思います。

大きくは建築による手法と設備による手法です。
建築計画上で地域や敷地などの立地、自然を取り込むという手法。
それと建物の基本性能つまり外皮性能の向上によるものです。
これが、高断熱・高気密という部分になります。
次に建物の基本性能による省エネ化を図った後で考えるのが、設備による省エネ化です。
設備による省エネ化とは、高効率給湯設備、冷暖房設備、換気設備、照明設備などです。
そして、最後に太陽光や地熱といったクリーンエネルギーの利用です。
つまり、省エネ住宅は、建築による手法で住宅の冷暖房負荷を減らし、
設備による手法で発生する負荷をいかに少ないエネルギーでまかなうかということです。
建築による手法(パッシブ)
順番的に考えると、まず初めに、その住宅の建つ立地を読み解きます。寒冷地なのか温暖地なのか、
郊外なのか都市部なのか、狭小地なのかどうか、方位、風向きや太陽の向きなどです。
この自然に寄り添い、特に太陽に素直に住宅を設計する手法をパッシブデザインというのですが、
これは、省エネ住宅を設計する上で必要不可欠な考え方です。
敷地に対して、どのように建物を設置すれば、いかにもっとも効率よく日射や通風を得られるかを考えます。
一般的には、日射を得るには敷地の南側を空けます。
冬の暖房負荷を抑えるために日射熱の取得を多くするために南面の開口部を大きくします。
このことは断熱・気密化された住宅では、冬場はとても有効ですが、
逆に夏場は一旦室内に取り入れた熱を排出することが高断熱・高気密ゆえに難しくなるので、
日射を遮蔽し室温の上昇を抑え、冷房負荷を減らす必要があります。
この季節によって相反する要求をバランスよくコントロールしなければなりません。
日射取得、日射遮蔽を考える。
夏場の日射遮蔽の手法として、庇や外付けブラインドやオーニングがあります。
庇の出は、サッシの高さにたいして、1/3程度の出にすることで、
夏場の南中高度に対してちょうど良く日射を防ぐことが出来ます。
ただし、庇による日射遮蔽も敷地の方位などにより限界があるため、
その他の日射遮蔽を考えておく必要もあります。
それが、袖壁や外付けブラインドやオーニング、ハニカム構造のプリーツスクリーンや遮光カーテン、
また敷地の南側に設置した庭に落葉樹を植えるといったようなことです。

『いろどりの家』いろどりの家省エネ・エコ住宅

基本的には、日射遮蔽については開口部の外側での対策の方が、効果が高く有効的ですが、
その分、外付けブラインドなどは、コストが高くなります。
この他にもバルコニーを設けるということも有効的です。
大屋根の軒先をバルコニーの先まで出すことで、
上記の庇と同様の日射遮蔽の効果を得られます。
同時に階下においては、バルコニー自体が庇の役割を果たすことになります。
一般的には建物の角度を真南側にできるだけ近づけて1/3の出幅の庇で対応することが理想的です。
北側の屋根に天窓を設置する。
北面に設置した天窓についても有効なパッシブデザインと考えられます。
雨仕舞いの観点から正しい施工と高い品質と性能の商品を選ぶという条件はつきますが、
3倍の採光、4倍の風通しと言われている天窓の設置は、採光や通風、換気という側面から
非常に有効的なファクターであるといえます。
採光を取り入れて明るさを確保することで、昼間の照明器具を使用する時間を減らし省エネ効果にも期待します。
しかし、この時に気をつけなければならないのが日射に対しての対策です。
東西南に設置してしまうと、天窓をとおしてかなりの日射熱を室内に取り込んでしまうこととなり、
前述した日射対策を講じない限り室内の熱環境は快適と呼べるものではなくなってしまします。
天窓に関しては、屋根の北面に設置することが理想的で日射取得の目的としてではなく、
採光の目的として利用することを考えます。
北側に設置された開口部からは太陽の角度に関係なく安定した照度を確保するすることができます。
アトリエなどに、北側の開口が多いのはこの為です。
また開閉機能のついた天窓であれば重力換気を利用した排熱効果と高い通風性にも期待できます。
これをパッシブデザインの発想に使わない手はありません。

次へ